確実にセフレを作るための『4つのポイント』とは?

セフレを作る4つのポイント

 

セフレを作るためには、どんなことに気をつけるべきなのだろうか?

 

また、どんなことを心がければ良いのだろうか?

 

それをピンポイントで押さえている男性は、意外にも少ない。

 

この記事では、『セフレを作る4つのポイント』を解説していく。

 

 

1.女の子の友達は本人を映す鏡

 

「類は友を呼ぶ」ということわざを聞いたことがあるだろう。

 

これを言い換えるのなら、
「女の子のことを知りたければ友達を見ろ」ということだ。

 

あなたがセフレにしたい女の子の情報を集めたいのなら、
まずは友達のことを聞いてみよう。

 

基本的に女の子は話したがりな生き物であるし、
友達のことであれば抵抗なく口を開いてくれる。

 

「私の友達、ダメ男好きになったんだって!」

 

こんなことを言ってきたら、本人もダメ男を好きな可能性が高い。

 

「私の友達、また男を変えたんだって!」

 

こんなことを言ってきたら、
本人も様々な男性と遊びたいという願望を持っている。

 

「私の友達、また浮気されたんだって!」

 

このように、女の子が肯定しているのか
否定しているのかがわからない場合は、
「○○ちゃんは浮気についてどう思う?」と質問すると良い。

 

そうすることによって、さらに正確な女の子の情報を得ることができる。

 

つまり、セフレにしたい女の子の仲の良い友達は、本人を映す鏡なのだ。

 

 

女性は、「コミュニティの集団心理に影響されやすい」という性質を持っている。

 

ファッションがその典型的な例だろう。

 

彼女たちは、雑誌やネットなどで、
最新のファッションを取り入れようとする。

 

メディアで「最先端のファッションはこれ!」と紹介されると、
誰よりも早く身に着けようとする。

 

その理由はもちろん、

 

「今流行ってるから」

 

「皆が着ているから」

 

という集団心理が働いているためだ。

 

女の子の情報をより多く得るためにも、
まずは彼女の友達のことを聞き出していこう。

 

 

2.女の子は浮気をしやすい生き物

 

女性は男性に対して、

 

「男の浮気性には嫌になる!」
「男で浮気しない人なんていない!」

 

という否定的な価値観を持っている。

 

確かに、「浮気」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、
男性が女の子に手を出している姿だからだ。

 

 

しかし現実は、一概にそうだとは言えない。

 

「世の中の女の子の9割は浮気をしたことがある」

 

あなたは、この事実を知っているだろうか?

 

 

これには、女性の「理由をつけたがる」という性質が深く関係している。

 

「彼氏から浮気されたから浮気し返したの!」

 

「私が浮気をすれば夫が心配してくれると思って…」

 

このように、基本的に女性は「浮気をした」という自覚がないのだ。

 

また、「あたし浮気したことあるよ!」のように自ら暴露することも少ない。

 

 

その反面、男性であれば、
「俺今二股してるんだよねー」のように武勇伝として話す人が多い。

 

女の子からすれば、ボロを出さないように慎重になっているのだ。

 

その徹底した隠密行動によって、男性が気付かないことが圧倒的に多い。

 

 

さて、浮気する女の子の心理について考えていこう。

 

浮気する女の子には、以下の5つの共通点があるのだ。

 

@断るのが苦手で押しに弱い

 

A惚れやすい性格をしている

 

B彼氏や旦那の浮気を発見した

 

C彼氏や旦那のことをそれほど好きではない

 

D構ってもらえることが少なくなった

 

セフレを作りたいのなら、狙うべきはB〜Dのタイプの女の子である。

 

俺の経験では、上記の条件に当てはまる女の子は、
かなり高確率でセフレ関係に発展していった。

 

これらのタイプのほとんどは、お酒を飲ませて酔わせ、
優しく接してあげれば簡単にセックスすることができる。

 

通常よりもハードルはかなり低くなるため、
セフレサイトでそのような女の子を見つけたら、
ぜひ狙い撃ちしてみよう。

 

 

3.女の子は暗示に弱い

 

これは俺の経験からすると、「間違いない」と断言できる。

 

女性は『占い・血液型・正確診断』などに強い興味を示すことが多い。

 

これこそまさに、「女性は暗示に弱い」という何よりの証拠ではないか。

 

こちらでは、暗示を使って女の子を落とす方法を解説していく。

 

 

暗示を使って女の子を落とす方法

 

たとえばあなたが、セフレにしたい女の子とデートに行くことになったとしよう。

 

デートでは、女の子に対して以下のような言葉をかけていく。

 

「早くしないとキスしちゃうよ!」

 

「そういうことばかり言ってるとキスしちゃうぞ。笑」

 

会話の中で冗談交じりに、「キス」という単語を絡めていることがわかる。

 

 

すると女の子は、あなたとのキスをイメージするようになり、
キスに対する抵抗がなくなっていくのだ。

 

それを繰り返していれば、近いうちに本当にキスができるようになる。

 

また、あなたのことを「好き」と思わせたいのであれば、
やはり「好き」という単語を織り交ぜていこう。

 

そうすると、女の子はあなたのことを意識するようになり、
最終的には「好き」になってしまうから暗示の力は凄い。

 

 

4.おだてるテクニックを身に付ける

 

誰であれ、人に頼られれば嬉しくなるだろう。

 

「自分が役に立っている」という気持ちで心が満たされるからだ。

 

女性は男性以上に、「おだてられることが好き」
という事実を知っているだろうか?

 

これは、女性の持つ母性本能によるところが大きい。

 

 

その昔、女性が求める理想の男性像は「3K」とされていた。

 

これは、『高学歴・高身長・高収入』の略称である。

 

しかし、時代はどんどん移り変わってきている。

 

 

2013年の女の子が求める男性像は、
『頼れる・優しい・経済力』
の3つに変化しつつあるのだ。

 

さらに言うのなら、女の子は「頼れる男性が好き」であると共に、
「頼ってくれる男性」も同じように好きである。

 

これは、男女の価値観の違いからくるものだろう。

 

 

では、セフレにしたい女の子に好かれるためには、
具体的にどうすれば良いのだろうか?

 

とても単純な話になるが、
『女の子の喜ぶことをする』というマインドに徹しよう。

 

たとえば、あなたが学生であれば、
授業中にわからないこともあることだろう。

 

そんなときは、女の子に対して
「ここ分からないんだけど、教えてくれない?」
と話しかけるのだ。

 

女の子のわかる範囲であれば、気軽に教えてくれるだろう。

 

その後に、「○○ちゃん教えるの上手いね!また教えて欲しい!」
のように言うことで、女の子は「頼られている」という嬉しさを感じる。

 

結果的に、「何でも聞いて!」というオープンな気持ちになっていくのだ。

 

 

『質問をする ⇒ おだてる』ことによって、
どんな女の子にも好意を抱かせることができる。

 

質問のたびに距離が縮まっていき、
話しやすい雰囲気を作り上げることもできる。

 

ある程度仲良くなったところで、
「いつもありがとう!お礼にご飯でもどう?」
と言うだけで、簡単にデートが成立してしまう。

 

 

そして、「おだてる」ことにはもう1つの効果がある。

 

女の子に対して、「私がいなきゃダメ」という心理を植えつけられることだ。

 

質問を重ねることによって、
女の子はあなたのことをドンドン意識するようになってくる。

 

その「意識」は、最終的に「好き」という感情に育つのだ。

 

 

その上でデートを重ねていくと、告白してOKをもらえる確率が高くなる。

 

セフレを作る際には、『おだてる技術』をぜひ身に付けておきたい。

 

 

次項目→デートした女の子をホテルに連れ込むテクニック

セフレ募集サイト