実は、美人や可愛い女の子ほどセフレ化しやすい!

実は、美人や可愛い女の子ほどセフレ化しやすい!

 

「セックスフレンド」

 

あなたは、この言葉にどんな印象を持つだろうか?

 

おそらく多くの男性は、「非現実的な関係」と思っていることだろう。

 

「どちらかがセックスしたいときだけ、連絡するんでしょ?」

 

「ホテルに入ったらセックスし放題、終わったら即サヨナラだろ」

 

「会ったら食事もしないで、すぐホテルに行くなんて・・・」

 

もしかすると、このような悪いイメージを持っているかもしれない。

 

 

しかし、実はそれは間違っている。

 

セックスフレンドは、もっと身近な存在なのだ。

 

 

実際に俺は、ピークの時期で12人の
セックスフレンドと繋がりを持っていたことがある。

 

その状況を聞いた友人は、
「まるでどっかの国の王様みたいだな」と話していた。笑

 

 

実はもっと増やすこともできたのだが、
残念ながら時間は有限である。

 

1週間は7日、1ヶ月は30日程度しかないのだから。

 

 

確かに俺は、彼女たちのことを「セックスフレンド」だと考えていた。

 

その一方で彼女たちは、俺のことをセックスフレンドではなく、
「SEXをする男友達」だと思っていたようだ。

 

 

近年は男女問わず、性に対してオープンになっている傾向がある。

 

今の日本は間違いなく、

 

「セックスは恥ずかしいことではない」

 

という価値観になりつつあるのだ。

 

 

「現に気の合う男友達であれば、あまり深く考えずにセックスする」

 

という女の子がとても多く現れるようになった。

 

 

そんな彼女たちにとっての「セックスフレンド」という関係は、
小説やドラマのような非日常的な話ではなく、
ごく身近に感じられる存在なのだ。

 

それに伴い、「美人」「可愛い」と言われることが多いモテる女の子ほど、
セックスフレンドを作っている傾向がある。

 

 

男女に限らず「モテる人」というのは、
必然的に多くの恋愛経験を積んでいることになる。

 

これが長所でもあり、弱点にもなり得るのだ。

 

 

たとえば、あなたが塩を舐めたとしよう。

 

塩という調味料は、舐めれば舐めるほど喉が渇いていく。

 

必然的にどんどん水を欲していき、
ガブガブと飲んで喉の渇きを潤す。

 

 

「モテる人」は、まさにこれと同じことをしているだけなのだ。

 

恋愛をすればするほど、刺激的で新しい恋をしたくなる。

 

モテればモテるほど、その傾向はどんどん強くなっていく。

 

 

それは、一種の「中毒」と言っていいかもしれない。

 

たとえ彼氏がいても、自分がモテるがゆえに、
新しい男性への「渇き」を抑えることができなくなってしまう。

 

それが、可愛くて美人な女の子の典型的なパターンなのだ。

 

 

ほとんどのセフレ作り指南サイトは言う。

 

「すぐヤりたいのなら、質にはこだわるな」と。

 

確かに正しいのかもしれないが、
それでは結局ブサイクな女の子とばかりセックスすることになる。

 

 

だからこそ、俺はあえて真逆の持論を展開していく。

 

セックスフレンドを作ろうとするなら、
「モテる女の子ほど狙い目」なのだ。

 

 

実際に俺は、可愛くて美人の女の子ばかりをセックスフレンドにしてきた。

 

そのほうが「セフレを作りやすい」という事実に気づいたからだ。

 

 

さらに、ある特徴を持っている女の子は、
通常の2倍以上の確率でセックスフレンドにすることができる。

 

モテる女の子を狙うだけではなく、
「セフレになりやすい女の子」を見極めることで、
セフレを作れる可能性もは飛躍的に高まるのだ。

 

 

次項目→セックスに愛は必要か?セックスと恋愛感情について

セフレ募集サイト