女性の”セフレに対する本心”を知っておこう!

女性の”セフレに対する本心”を知っておこう!

 

男性と女性では、

 

「男性のほうが性欲が強い」

 

と考えている人は圧倒的に多い。

 

女性からすれば、「男性は浮気をする生き物」とも考えられている。

 

 

しかし実際には、男女関係なく性欲は存在しており、
それは男性か女性かというカテゴリーではなく、
それぞれに個人差があるだけなのだ。

 

 

それでは、「男性のほうが性欲が強い」と
考えられている原因は何なのだろうか?

 

今までの歴史の中で、男性中心の社会で
進んできたことに原因があると考えられる。

 

「女性は淫らな生き物ではない」
という決めつけや押さえつけを、
男性によって推し進められてきたからだ。

 

男性が浮気をしたところで、女性が浮気をした時ほど、
おかしな目で見られることはない。

 

男性は女性に対して、「こうあってほしい」という
偶像を作り上げてきたに過ぎない。

 

それに縛られた女性は、
なかなか性を解放することができなくなってしまったのだ。

 

男性は女性と「セックスがしたい」と考える。

 

その反面、女性は「セックスを簡単にするものではない」というように考える。

 

これは、なんとも矛盾している現状ではないか。

 

自分勝手で自己中心的な考え方と言えるだろう。

 

だからこそ男性は女性を求め、それが興奮へと変わるのかもしれない。

 

 

「本来セックスをしないはずの女性とセックスしている」

 

このような状況に、達成感や満足感を感じるのではないだろうか。

 

あるいは、恋人にしたり、人生の伴侶にした時の伏線なのかもしれない。

 

いずれにしろ、男性は「独占欲」という考えによって女性を縛っていたのだ。

 

このような男性中心の社会によって、
女性の性的願望が押さえつけられてきた。

 

もちろん女性にだって性欲はあるし、セックスにも興味はある。

 

許されるのであれば、「もっと性に対して開放的になりたい」とも思っているはずだ。

 

そうでなければ、実際にセフレという関係が
世の中にたくさん存在しているはずはない。

 

 

「好きな人以外とセックスするなんてありえない!」

 

このような考え方は、あくまでも建前であることがほとんどなのだ。

 

世間体や道徳心が、そのような言葉を生み出している。

 

良いか悪いかは別にして、
セックスにおける快楽は他では味わうことができない。

 

だからこそ女性は、「もっと楽しみたい」と心の中で思っているはずだ。

 

女性の立場や地位は、現在ではかなり改善されているし、
主張もしやすい時代になってきている。

 

しかし、まだまだセックスに対して消極的な女性は多く、
男性が作り上げてきた女性像に縛られている。

 

 

ここ最近のインターネットの普及によって、
そんな欲望を密かに解放できる場所がかなり増えてきた。

 

『セフレサイト』が代表的な例である。

 

ネット上での出会いが一般的になってきたため、
それに比例してセフレという関係になった男女も増え続けている。

 

女性がセックスに対して「貪欲でありたい」と考え始めた証拠とも言える。

 

今の時代は、セフレ関係を築きやすい時代に入りつつあるのだ。

 

 

次項目→女性がセフレに求める条件を知っておこう!

セフレ募集サイト