男なら、セフレ関係を思う存分楽しもう!

セフレ関係を思う存分楽しもう!

 

セックスという行為は、
「恋人関係にある相手としかするべきではない」
と考える男性は多い。

 

しかし、本当のところはどうだろうか?

 

誰であれ、好きな女性でなくとも
「セックスをしたい」と思ったことはあるはずだ。

 

 

セックスフレンド(セフレ)の関係は、
文字どおり「セックスの快楽を目的とした関係」であるが、
デートや食事に行くなど、セックス以外の付き合いも含めることが多い。

 

何も知らない赤の他人からすれば恋人同士のように見えるし、
実際のところは恋人と何ら変わらないかもしれない。

 

なぜ男性は、普通の恋人ではなくセフレを求めるのだろうか?

 

セックスはもちろんのこと、
時にはデートもするが、恋人と決定的に違う点は、
女性との『感情・心理的距離感』が異なることである。

 

女性に対して必要以上に愛情を注ぐこともなければ、
無駄に嫉妬する必要もない。

 

つまり、「割り切ることができる」という、
気負いのない都合の良い関係となっているのだ。

 

 

3つのセフレ関係

 

セフレには、主に3つの関係がある。

 

・セックスという行為をただ貪欲に楽しむための関係

 

・心の寂しさを埋めるための関係

 

・金銭を伴う肉体関係

 

である。

 

 

いずれにしろ、最終地点にはセックスという行為が存在しているのだ。

 

本来のセックスは、深い愛情のもとに子孫を残すための行為であるため、
セックスだけを目的とした関係性は世間では良く思われないし、
広く公表することもできない。

 

しかし、当人同士が納得のいく関係であれば、何ら問題はないことだ。

 

たとえ結婚していようが、恋人がいようが、
その責任を持つことができるのなら、
セフレという関係を持つことは違法ではない。

 

それぞれの『価値観・道徳心・考え方・生き方』が違うというだけの話である。

 

「他人に迷惑をかけない」ということがマナーではあるが、
セフレという関係を持つことによって、
充実した生活を送ることが出来るのであれば、それはそれで良いだろう。

 

人生においては、良くも悪くも経験として勉強にもなる。

 

セフレという少し特殊な関係に、
「まったく興味がない」という男性はほとんどいないだろう。

 

この記事を読んでいるあなたなら、なおさらそうだ。

 

DNAに組み込まれた「性欲を満たす」という行為は、
生物として自然な行動である。

 

現実には、性欲を、
「理性や道徳心によって抑えている」
という男性がほとんどだろう。

 

あとは各個人の価値観の問題であり、
セフレという関係であれ、女性との付き合いには変わりがない。

 

夫婦や恋人、友達などといった関係と同じように、
『セフレ』という関係は存在しているのだ。

 

セフレという関係に、後ろめたさを感じる必要は全くない。

 

自分の性欲に素直になり、思う存分セフレ関係を楽しんだ方が、
将来絶対に後悔しないだろう。

 

 

次項目→セフレの魅力とは?

セフレ募集サイト