セックスに愛は必要か?セックスと恋愛感情について

セックスに愛は必要か?セックスと恋愛感情について

 

セックスには愛が必要なのだろうか。

 

セックスにおける考え方や価値観には、人それぞれの違いがある。

 

それでは、『セフレ』という特殊な関係の上で成り立つ、
「セックスの本質」とはいったい何なのだろうか?

 

この記事では、「恋愛感情とセックス」を徹底的に考察していく。

 

 

1.『彼女・妻』とのセックス

 

恋人として付き合っている、あるいは夫婦であれば、
ほとんどの人たちがセックスをしていることだろう。

 

もちろん、付き合いが長くて回数が減ったり、
セックスレスになってしまっている男性もいるかもしれない。

 

だが、出会った頃はそれこそ何度も、
体を重ねあったことだろう。

 

 

セックスを大切な愛情確認や、
コミュニケーション方法として捉えている人も多い。

 

特に恋人や夫婦間でのセックスは、
愛情が無ければなかなか長続きはしないものだ。

 

さらに言うなら、マンネリを防ぐ刺激と新鮮さがなければ、
セックスレス状態になるのは仕方のないことでもある。

 

 

人間という生き物は、
同じ相手と同じ行為を繰り返すことに飽きを感じてしまう。

 

そうなると回数は徐々に減る、
あるいは全くセックスしなくなってしまうこともあり得る。

 

 

セックスにおいて重要なのは、『愛情・快楽』の2つである。

 

セフレという関係においては、後者の「快楽を求める関係」が圧倒的に多い。

 

 

それに対して、恋人や夫婦間でのセックスは、
愛情と快楽のうちどちらか1つでも欠けると長くは続かない。

 

つまり、セックスによって得られる快楽は非常に甘美だということだ。

 

 

この快楽を得るために、「自分をどこまで曝け出せるか」という点が、
恋人や夫婦においてはセックスライフの充実に繋がる。

 

お互いのことを理解しあっていて、何でも話せる間柄となっている
恋人や夫婦関係であっても、セックスにおいては少し遠慮がち、
あるいは自分を曝け出せない人は多いのではないだろうか。

 

 

「愛情がある」という絶対的な自信があるからこそ、
相手の反応を伺ってしまう。

 

パートナーに嫌われることを恐れてしまい、
性の欲望を吐き出すことができない。

 

結果的には、セックスにおいて重要な快楽が、
「十分に得られない」ということになってしまう。

 

 

セックスでの快楽を思う存分味わうために、
『セフレ』という関係を求めてしまうこともあるだろう。

 

あるいは、刺激や新鮮さを求めて、セフレを作る人もいる。

 

いずれにしろ、どんな男性であっても、
「セフレを作りたい」と考えたことはあるだろう。

 

それを実際の行動に移すかどうかは、
あなた自身の理性と価値観にかかっている。

 

 

恋人や夫婦という関係を持っていながら、
パートナー以外とセックスするという行為は、
世間的には認められにくい傾向がある。

 

批k判されるべき行為として成り立っているのにも関わらず、
それでも男性はセフレを求め続けるのだ。

 

そのような関係が認められる世の中になれば、
そこら中にセフレ関係の男女を見ることができるだろう。

 

 

さらには、『セフレ』という新たなビジネスの開拓も行われるかもしれない。

 

しかし現実には、まずそのようなことはあり得ない。

 

だからこそ、ほとんどの男性はこっそりとセフレを作るしかないのだ。

 

 

だが、このような「秘密の関係」にはメリットもある。

 

秘密を共有することによって、セフレとのセックスに対する
興奮材料になるケースは多い。

 

 

セフレは、恋人や夫婦との行為では味わえない、
様々な感情を抱きながらセックスをすることができる関係だからだ。

 

それによる快楽はもちろんのこと、
様々な人間関係を垣間見ることもできる。

 

 

こういった経験は、人生においては色々な意味でプラスとなるだろう。

 

もちろん、『恋人・夫婦』でのセックスは何よりも素晴らしいが、
それは理想のストーリーの1つである。

 

 

現実には人間という生き物の本能が、
それを建前として理性を働かせ、抑えつけているに過ぎないのだ。

 

また違った次元のセックスを楽しみたいのであれば、
セフレという関係を築くのは悪いことではない。

 

 

2.セフレから発展する恋

 

「セフレの関係から恋人関係に発展する」というケースはかなり多い。

 

男と女が親密な関係になっているわけだから、
いくら最初は割り切っていたとしても、未来のことは誰にもわからない。

 

人間の感情は、時が流れると共に変わっていくものだからだ。

 

 

特に女性は、セックスにおいて精神的な欲求を満たすことも少なくない。

 

セックスだけが目的の相手だと思っていても、
いつしか違った感情が生まれるということはよくある話だ。

 

 

とくに独身で彼氏がいない女性にとっては大いにありえる展開で、
それが1つの「恋愛」のきっかけになったりもする。

 

『セフレ』として始めた関係は回数を重ねるごとに、
『恋人』としてもふさわしい相手だと感じていくこともあるだろう。

 

 

セフレの関係とはいえ、相手を探すときに条件はあるはずだ。

 

セックスパートナーとして付き合えるかどうかはもちろんのこと、
性格や体形なども見て判断しているだろう。

 

友達から付き合ったことがある人もいるだろうが、
それにも同じようなことが言える。

 

 

ただし、発展させるためには難しい点も多くある。

 

たとえば、どちらかが好意を寄せている場合、
一線を越えようとすることで、関係が終わってしまう可能性もある。

 

 

あるいは、セフレという関係以上を、女性が求めていない場合もあるだろう。

 

さらには、セフレということで、周囲の目線も気にしてしまうかもしれない。

 

しかしセフレは、恋人以上がするべきセックスという
親密な行為をしている関係である。

 

 

だからこそ、相手に様々な感情を抱くことは何ら不思議なことではない。

 

セフレという関係以上を望まないのであれば、
既婚者や恋人のいる相手を探すことがベストである。

 

 

一定のパートナーがいる人とは価値観が異なり、
心にブレーキをかけられる人がほとんどだからだ。

 

もちろん、それでも「一線を越えたい」と思う人はいるかもしれない。

 

それは先ほども述べた通り、男と女であれば可能性はゼロではない。

 

そうなってしまいそうだと感じたら、
深く入り込んでしまう前に関係を断ち切ることだ。

 

 

セフレから恋人への発展に対しては否定的になる必要はないが、
状況によっては控えたほうがいいという場合もある。

 

セフレという関係を理解している年齢であれば、
大人な人間ということの証拠だ。

 

セフレのままでいるのか、恋人に発展させるかというのは、
ケースバイケースである。

 

そこら辺の判断は、責任と自覚を持って行うようにしてほしい。

 

 

3.セフレという関係が成り立つ理由

 

世の中には、様々な人間関係が成り立っている。

 

その中において、セックスをする関係というのは、
基本的に恋人や夫婦といった関係に限られる。

 

 

もちろん、金銭が発生した場合での関係というのもあり得る。

 

だがそれに関しては、基本的にお互いの目的が違うため、
ここでは例外として扱うことにしよう。

 

基本的に一夜限りの関係は継続性がないため、
人間関係を築いていくという点ではまた違う部類に入る。

 

 

当サイトが勧めている『セフレ』という関係は、
恋人や夫婦でもなく、ましてや金銭が発生するわけでもない。

 

お互いにセフレサイトを通じて、
「セックスをすることを目的とした関係」として成り立っているのだ。

 

 

世間的にはそれほど肯定されない、
セフレという関係が成り立つ理由とは何なのだろうか。

 

一言でいえば、それが人間という生き物だからだ。

 

 

では、もう少し具体的に、その関係性について考えていこう。

 

子孫繁栄のためにセックスという行為をするのが、
生物としての本来の目的である。

 

 

その反面、人間であれば、
子供を作るためにするセックスとは異なる楽しみ方もある。

 

基本的にその目的は、快楽を得るためと考えるべきだろう。

 

 

もちろん、恋人や夫婦という関係性を築いた上で、
愛情を伴いながら快楽を得るというのが通常の考え方である。

 

その快楽という部分のみを切り離して考えた場合に、
セフレという関係が成り立っているワケだ。

 

 

快楽の他にも、寂しさを埋めるため、刺激を求めるため、
自分の存在価値を見出すために、セックスを求めることもあるだろう。

 

女性の場合は生理周期によって多少の変化はあるものの、
基本的には突然ムラムラしたり、何かをきっかけに体が火照ってくる、
といったことはよくあることだ。

 

言うなれば、「年中発情期」といったところだろうか。

 

 

もちろん、恋人や夫婦といった特定のパートナーがいれば、
その欲求を満たすことはできる。

 

しかし、そのような場合でも、
セックスに満足できないケースもあることは紛れもない事実。

 

それは単純にセックスが、
子孫繁栄や愛情の確認のための行為ではないということの証だ。

 

それを満たすためには、別のパートナーを見つける必要もあるだろう。

 

 

快楽を得るため、そのために成立する関係が『セフレ』なのだ。

 

セックスの快楽だけを得たいのであれば、
恋人や夫婦といった関係を崩さずに、
セフレという関係を求めるのはごく自然な流れである。

 

 

しかし、それが世間一般の目からすれば、
悪いことという風潮にされており、自制心がかかってしまう。

 

その殻を破った時に、セフレという関係に理解を示し始めるのだ。

 

 

人はそれぞれ、様々な考えや価値観を持っている。

 

それは、セックスにおいても同じことが言える。

 

 

誰と何の目的でセックスをするかは、本人の自由だからだ。

 

もちろんセックスには、それなりの責任を負う必要もある。

 

 

おそらく本音を言えば、ほとんどの人は
「快楽を得るためだけのパートナーが欲しい」と考えた経験はあるはずだ。

 

しかし、実際には理性や道徳心などによる自制心が働き、
その一歩を踏みとどまってしまっている。

 

 

セフレの関係は、心の中では誰もが願っていることであり、
その関係性を肯定的に捉える男女がいるからこそ、
セフレという関係は成り立っているのだ。

 

世の中には本当に色々な人がおり、様々な考えを持った人がたくさんいる。

 

それはまさに、「十人十色」という言葉がピッタリだろう。

 

 

あなたが『セフレサイト』で行動を起こすだけで、
カンタンにセフレが作れるということ、心に留めておいて欲しい。

 

 

次項目→セフレ作りのカギは【モテる男性と友達になること】

セフレ募集サイト