10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談

10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談

 

2度目のデートに誘う

 

メグミと2人きりで寿司屋に行った日からは、
1週間に2回ほどのペースでメールをしていた。

 

メール内容は今日の仕事の成果や、
日常で起こったちょっとした出来事など、
本当に他愛もないものばかりだった。

 

 

しかし、彼氏でもないのにそんなメールが当たり前にできるほど、
メグミとの距離は確実に縮まっていった。

 

もう少し押しても大丈夫だと踏んだ俺は、
最初のデートから3週間後に再びアクションを起こした。

 

 

メグミは、以前こう言っていたのだ。

 

「ディズニーが大好きで、何度行っても楽しいんです」

 

だからこそ俺は、
「今度、ディズニーに行かない?」と誘おうかとも考えた。

 

しかし、メグミには彼氏がいるため、
万が一知り合いに会ったときに厄介なのだ。

 

ディズニーに2人きりでいるところを見られてしまうと、
言い訳が難しくなってしまう。

 

それは彼女も、共通の思いのはずである。

 

 

だからこそ俺は思い留まり、まずは図書館へと誘うことにした。

 

メグミは「読書も好き」と言っていたので、
誘う口実としてはピッタリだと考えたのだ。

 

図書館であれば、知り合いに会ってしまう可能性は低いし、
万が一会ったとしてもギリギリで言い逃れができる。

 

 

さらに図書館の周囲には飲食店や大きな公園もあるため、
読書に飽きても行ける場所は多い。

 

ホテルが少し遠くなってしまうことはネックだが、
この好条件ではやむなしと言ったところだろう。

 

 

まずは、彼女を2回目のデートに誘うことが最優先事項となるからだ。

 

深読みして図書館にしたのが正解だったのか、
そもそもディズニーでもOKだったのかはわからない。

 

しかし、結果としてメグミはデートの誘いに快くOKしてくれたのだ。

 

 

セフレ作りのポイント

 

女の子をデートに誘うときには、
自分勝手なことばかりを考えていると必ず失敗する。

 

相手の都合に合わせ、
なおかつ「理由を与える」ことがとても重要なのだ。

 

 

そのためにも、女の子の好みを事前に調査しておくことがベスト。

 

恋愛においては、小さな分岐点が非常に多くある。

 

とは言え、「ときメモ」のように明確な選択肢が
与えられているわけではない。笑

 

全てのアクションを自分で考え、
それに対しての責任を自分で取らなければならない。

 

だからこそ、恋愛は一筋縄ではいかないのだ。

 

 

メールに何を書くか、どうデートに誘うか、どうやってセフレにするか。

 

俺は何か行動を起こしたときに、
「あのときこうしておけば良かった」と悔やむ男性をよく見かける。

 

しかし、後悔は何も生み出さないし、何の意味もないことである。

 

 

作戦を練って選択肢を作り、それを失敗したとしても、
他の道がどうなっていたのかは誰にもわからない。

 

だからこそ、後悔しないように、そのときは考えて考えて考え抜きたい。

 

 

そうして導き出された答えであれば、
「これがベストだ」と自信を持てているだろう。

 

たとえ失敗したとしても、最善であると思うのならそれでいい。

 

恋愛に限らず、人生は試行錯誤の繰り返しなのだ。

 

 

11.2度目のデート

セフレ募集サイト

10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。