9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談

9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談

 

いよいよ2人きりのデート

 

待ちに待ったデート当日がやってきた。

 

俺は最初からスパートをかけ、残業をしないように仕事を終わらせた。

 

その結果、定時に帰れることになった。

 

寿司屋のある最寄り駅で待ち合わせし、メグミと合流する。

 

 

2人で駅から歩いて目的の店に入ると、
週末にもかかわらず席は半分ほどしか埋まっていなかった。

 

とは言え、万が一満席だったことを考えると、
やはり予約しておいたほうが良いだろう。

 

「お腹ペコペコで、私イクラ巻きが好きなんです」

 

「あぁ、あの粒々した食感がいいよね。笑」

 

そんなことを話しながら、お互いに最初の一皿を手に取った。

 

 

その後は、お互いのペースで好きな寿司をチョイスしていった。

 

「そう言えば、メグミちゃんの前の仕事のことなんだけど」

 

「あ、前は話してる途中でしたもんね」

 

そう言いながら、彼女は以前の職場のことを俺に語ってくれた。

 

 

正直に言うと、その話には特に興味がない。

 

なぜなら、俺の目的はメグミをセフレにすることだからだ。

 

 

もちろん、興味がないからと言って、無下に突っぱねることはしない。

 

このデートの目的は俺が楽しむことではなく、
メグミに楽しんでもらうことである。

 

興味があることを好きなだけ話してもらい、
俺と一緒の時間が楽しいと感じてくれるのがベスト。

 

そのため、俺は彼女の話に適度に相槌を打ちながら、
ときにオーバーリアクションをしてみせた。

 

「へぇ、そうなんだ!」

 

「うんうん、それで?」

 

彼女の話が終わるまでには、1時間半近くもかかった。

 

「過去の経験を共有できている」と思っているメグミは、
とても満足そうに話している。

 

 

一区切り付くとその話題から離れ、色々な話をしていった。

 

今の仕事について、将来について、
そして一番聞きたい恋バナなどなど。

 

もともと俺は、メグミには彼氏がいるだろうと予想していたが、
まだ確定したわけではない。

 

今後の関係の発展のためにも、
重要な情報は先に仕入れておく必要がある。

 

「そう言えば、彼氏はどんな人なの?」

 

俺は話を壊さないように、恋バナの流れで自然にそう聞いた。

 

メグミは躊躇することなく、こう答えた。

 

「前の職場の先輩で、遠距離恋愛なんです」

 

予想通りなので特に驚きもせず、その先に続く彼女の話を待った。

 

 

彼氏は青森に住んでいるので、遠距離恋愛になっていること。

 

月に1回ほど会いに来るが、
メグミが休みを取れた場合は青森に会いにいくこと。

 

メグミについての新たな情報を仕入れることができた。

 

 

彼女の話しぶりからすると、十分につけ込むスキがあると感じられた。

 

収穫を得ることができたので、恋バナをさりげなく終わらせ、
その後はメグミを楽しませるために他愛もない話をしていった。

 

その日は店を出た後は二次会はせず、そのまま帰路に着いた。

 

 

セフレ作りのポイント

 

人間は自分が興味のあることなら、
それこそ何時間でも話すことができる。

 

だからこそ、デート前には女の子の好きなことを十分に調べておこう。

 

そうしておけば自然に会話が弾むし、
いくらでも話を掘り下げることができる。

 

結果的に、女の子を楽しませる会話を繰り広げることができるのだ。

 

 

10.メグミを2度目のデートに誘う

セフレ募集サイト

9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。