6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談

6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談

 

今後の作戦を練る

 

翌日、目が覚めたときには昼の12時を回っていた。

 

二日酔いで食欲がわかないので、
朝食は最低限のものだけに留める。

 

俺はコーヒーを飲みながら、
メグミについての情報や今後の戦略などの考えをまとめていた。

 

 

まず最初に、なぜ彼女は25歳という微妙な年齢で、
アルバイトとして入社してきたのか?

 

彼女の話によると、大学を卒業して就職したものの、
すぐに退職してしまったとのことだった。

 

そして新たな仕事を探すかたわら、
とりあえずバイトを始めたそうだ。

 

なるほど、それならメグミが短期のアルバイトに
応募したことも頷ける。

 

 

次に、彼女は俺のことをどう思っているのか?

 

社内の他の男性と比べてみても、
一番気を許している相手が俺であることは間違いない。

 

どちらかと言えば、好意さえ持ってくれているはずだ。

 

少なくとも、俺のことを嫌っているという印象は見受けられない。

 

 

今すぐセフレにするというのは少し難しいが、
確実に恋愛対象として見られているだろう。

 

しかし、俺に対しての言葉遣いやメールの文面などは、
どこかよそよそしい部分がある。

 

これらを客観的な目で総合的に判断すると、

 

「仕事で知り合ったイイ感じの男性」

 

これが、彼女から見た俺の妥当なポジションではないだろうか。

 

 

最後に、メグミに彼氏はいるのだろうか?

 

これまでのやり取りでは、
彼氏の有無についての情報は得られていない。

 

仕事場でしか会うことがないので、
指輪の存在も確認することはできなかった。

 

 

だが、

 

「最近遊園地に行った」

 

「オシャレなバーに行った」

 

などと話していたことがある。

 

 

あれだけのルックスを持っているのだから、
普通に考えれば彼氏くらいはいるだろう。

 

もしそうであれば、就職活動中に知り合った、
もしくはそれ以前から付き合っているのかもしれない。

 

 

いずれにしろ、一筋縄ではいかなそうである。

 

もちろん、本来「セフレ」と「彼氏」は別物だ。

 

だからこそ、女の子に彼氏がいるからと言って、
遠慮する必要は全くない。

 

それが、セフレ作りにおける最大のメリットでもある。

 

 

とは言え、メグミをセフレにするために今後の作戦を練る上で、
彼氏の存在が邪魔なことも確かだ。

 

俺の理想は、好きなときに遊んだりセックスすることができる関係である。

 

しかし、もし彼氏がいなければ、相手も本気になってしまうかもしれない。

 

 

「メグミくらいの美人なら、付き合うのも悪くないな」

 

俺はこうも考えていた。

 

基本的には、

 

「○○には彼氏がいるけど、俺は○○のことが好き。
俺と彼氏のどっちが良いかよく考えてみて」

 

のようなスタンスでOK。

 

 

このように色々と状況を整理してみると、
彼女をセフレにする決意がより一層固まってきた。

 

そうと決まれば、やるべきことはただ1つ。

 

「2人っきりで飲みに誘う」

 

これに尽きるだろう。

 

 

セフレ作りのポイント

 

学生ならまだしも、大人になってからは
「彼氏がいるから」と諦める必要はない。

 

ましてや、その彼氏があなたの知り合いでなければ、
なおさら気にすることはない。

 

とくにセフレ作りにおいては、
「彼氏よりも魅力的な男性」になれば良いのだから、
目に見える指標があるぶん行動にも起こしやすい。

 

 

もちろん、「恋人がいない」「パートナーがいない」人同士の恋愛は自由だ。

 

女の子の真正面から、テクニックを駆使して口説けば良い。

 

 

また、「飲みに行く」ことと「付き合う」ことは全く別の話である。

 

よくよく考えれば当たり前のことなのだが、
一緒だと考えている男性は意外にも多い。

 

 

そのため、飲みに行ったからといって、告白する必要は一切ない。

 

もちろん、誘われた側からすれば、
少なからず「気があるのかな」と感じているだろう。

 

だがそれは、暗黙のルールなだけであり、
『友達』であれば遊ぶことはいくらでもある。

 

だからこそ、2人で飲みに行った後、
女の子が乗り気でもあなたが断るという選択肢もある。

 

 

タイプではない女の子の場合は、勝手に勘違いさせておけば良いのだ。

 

そう考えると、今までよりも気軽に女の子を誘えるようになる。

 

 

7.メグミを飲みに誘う

セフレ募集サイト

6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。