1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ体験談

 

メグミとの出会い

 

2013年の3月、始業式や卒業式など、
出会いと別れの春がやってくる。

 

当時の俺は、都内の会社に勤めていた。

 

この会社は、年末から3月末にかけて猛烈に忙しくなるため、
毎年この時期から短期のアルバイトを雇うことが恒例となっていた。

 

 

バイトにお願いするのは、簡単なデータ入力のお仕事である。

 

採用条件は約4ヶ月という短期間であること、
パソコンが使えること、丁寧な仕事ができることの3つだ。

 

これらの条件を満たして採用されるのは、
バイトを掛け持ちして旅行資金を貯めたい大学生か、
お小遣いを稼ぎたい子持ちの主婦がほとんど。

 

 

ところがこの年は珍しく、大学生でも既婚者でもない、
俺と同い年の25歳の女性が入ってきたのだ。

 

今回の話に深く関わってくる女の子、「メグミ」である。

 

 

俺が働いている営業部と、バイトたちが働いている部署は、
仕事上の接点はほとんどなかった。

 

そのため、「今年は珍しく若くてカワイイ女の子が入った」と知ったのは、
彼女が入社してから数日後のこと。

 

同僚の「なんか今年はカワイイ女の子が入ったらしいよ」という言葉がきっかけだった。

 

 

「可愛い女の子」と聞いて、男としてチェックしないわけにはいかない。

 

俺は早速、適当な理由を作って、バイトたちが働いている部署に立ち寄った。

 

「お、あの娘かな」

 

同僚の言う、可愛い女の子はすぐにわかった。

 

そこには、すっと鼻筋が通っていて、
少しキツそうな二重の目をした女の子がいた。

 

「明るくてカワイイ」というよりも、
「ちょっと冷たそうな美人」という印象だった。

 

 

髪は会社の規則で1つに縛っていたが、
下品にならない程度で茶色に染め、柔らかくパーマがかかっている。

 

それを見ると、プライベートではお洒落にこだわっていることが伝わってくる。

 

 

髪型は少し違うが、芸能人で言えば柴崎コウに似ていた。

 

会社から支給された大きめのカーディガンを着ていたので、
体型まではよくわからなかった。

 

しかし、「あの感じだと意外に巨乳なんじゃないか?」と予想をしていた。

 

これは後になってわかるのだが、
実際に彼女は細身の体にFカップという素晴らしい体をしていた。

 

10メートル以上離れて眺めただけだったが、
俺はメグミを見た瞬間「セフレにしたい」と考えたのだ。

 

 

セフレ作りのポイント

 

今回の話では、俺は可愛い女の子が入社したからこそ、
すぐにチェックしに行った。

 

これは男性であれば、当たり前の行動と言えるかもしれない。

 

しかし、実際にはこのようなアクションを起こさず、
受け身でいる男性が圧倒的に多いのだ。

 

 

一流のハンターは獲物を追い求めて、足を棒にしながら歩き回る。

 

女の子との出会いも、また同じことだ。

 

ましてやセフレを作りたいのなら、自ら女の子がいるところに赴き、
狩りをしなければならない。

 

 

あなたの身近にいる娘はもちろん、

 

『バー・ジム・クラブ・居酒屋・喫茶店・料理教室』

 

など、あらゆる場所で女の子に目を光らせよう。

 

 

それを意識すれば、今までよりも格段に女の子と出会いやすくなる。

 

 

2.メグミと知り合うまで

セフレ募集サイト

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。