3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談

3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ体験談

 

メグミのメルアドをゲット!

 

俺は毎日満員電車に乗り、律儀に会社に通っていた。

 

残業があることも多く、「今日こそ残業なしで帰ろう」と
仕事を終わらせるために躍起になることもしばしば。

 

そんなある日、残務処理のラストスパートをかけていると、
俺のデスクに回覧板が置かれていた。

 

 

「隣の部署の上司が転勤するので、
集まれる人だけで送別会を開催します」

 

サラッと目を通すと、そんな内容が書かれていた。

 

このとき、俺はひらめいた。

 

「そうだ、メグミも誘おう」

 

すでに彼女とは、合ったら軽口を叩けるほどの関係になっていた。

 

 

だが、俺が毎日忙しかったこと、もともと女友達としか見ていなかったため、
それまでは特にアクションを起こしていなかった。

 

メグミのことをもう少し知るためにも、飲み会に誘うのは悪くない。

 

そう思った俺は早速、いつもの喫煙所で彼女に会ったときにこう言った。

 

 

「今度会社の飲み会があるんだけど、参加しない?」

 

メグミは一瞬驚いた顔をして、少し考え込む素振りを見せた。

 

不思議に思って悩む理由を聞いてみると、こういうことだった。

 

 

「私はバイトだから、社員さんと一緒に参加して大丈夫なんですか?」

 

「その上司さんのことも知らないんですけど、いいんでしょうか?」

 

俺はすぐさま、こう答えた。

 

 

「30人以上も参加するから、数人増えたところで問題ないよ。
むしろ男性社員からは喜ばれるでしょ。笑
それに、ほとんどの奴らの目的は、上司じゃなく飲み会だから全然大丈夫。笑」

 

そう言うと、メグミは少し安心したのか、
「考えてみます」と答えてくれた。

 

それを聞いた俺は「このタイミングだ」と直感し、
彼女に連絡先の交換を申し出た。

 

「それじゃあ当日の連絡もあるし、メルアド教えてよ」

 

この時にもっともらしく「当日の連絡」
という理由を付けたが、これはデタラメだ。

 

彼女はバイトであり、社員の俺とは部署が違う。

 

飲み会に誘うのは良いとしても、
当日はバイトの人たちとまとまって参加するはずなので、
俺が連絡係になる必要はない。

 

 

付け加えて、彼女の連絡先を聞く必要も一切ない。

 

だがモテる男は、このような絶好のタイミングを逃さない。

 

「連絡先は聞けるときに聞く」

 

これが他の男性の先を行き、セフレを作るための鉄則である。

 

ここまでは誰にでもできることであり、
全くもって簡単な話だとは思わないだろうか?

 

 

セフレ作りのポイント

 

連絡先の交換は、「知り合い」と「友達」を
明確に区別する重要なファクターだ。

 

そのため、まずはセフレにしたい女の子の
メルアドを手に入れることが最優先事項となる。

 

「いつか自然に交換できるだろう・・・」

 

そんな悠長なことを言っていたら、
他の男性が女の子に近づいていってしまう。

 

 

「いいな」と思った女の子の連絡先は、
多少強引でも何か理由を見つけて交換してしまおう。

 

連絡先を交換するときには、周囲の人目を気にする男性が多い。

 

社内で若い男女が携帯を出してメルアドを交換していたら、
かなり目立つことは事実だ。

 

 

しかし、決してそんなことで怯んではいけない。

 

慣れてしまえば、メルアドなんて1分でサクッと交換できてしまう。

 

「連絡先はいつ交換するか?」

 

「今でしょ!!!(←古っ(笑))」

 

 

4.飲み会にて

セフレ募集サイト

3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。