4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談

4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談

 

飲み会にて

 

転勤する上司の飲み会は、
会社から徒歩10分程度の場所にある居酒屋で開始された。

 

俺は残念ながら仕事を残してしまい、
2時間ほど遅刻して参加することになった。

 

居酒屋に到着すると、
すでに空になったジョッキや皿がテーブルに並んでいた。

 

 

どうやら全員の挨拶も終わり、
場の雰囲気が和んだタイミングのようだ。

 

周りを見渡すと、お目当てのメグミの姿を発見した。

 

ここで早速、他の人を押しのけて彼女の隣に・・・
とはモテない男性のすることだ。

 

 

メグミとはすでに軽口を叩ける仲になっていたし、
連絡先も手に入れている。

 

この時点で他の男性よりも圧倒的にリードしているわけだから、
まったく焦る必要はないのだ。

 

 

それよりも、飲み会を心から楽しんでもらい、
誘ってくれた俺に対して感謝してもらったほうが好ましい。

 

彼女も俺の姿に気づいたようで、
目で合図だけをして同僚たちの席に座った。

 

 

この目配せにも、ちゃんとした理由がある。

 

「目で合図すること」自体ではなく、
「目で合図しあう関係」になっていることが重要なのだ。

 

 

メグミは可愛い女の子なのだから、
必然的に男性たちの注目の的になる。

 

誰だってチヤホヤされると、
とても気持ちの良い時間を過ごすことができる。

 

 

だがそれと同時に、多くの男性に囲まれることに対して
緊張もしているはずだ。

 

そこで、俺という「男友達」がいれば、
余裕を持って飲み会を楽しむことができる。

 

ここでの目配せは、彼女にその安心感を伝えるためのものだ。

 

 

飲み会も終盤になると、
今日の主役に挨拶をしに行く人やトイレに立つ人が増えてくる。

 

そのおかげで、席の移動も頻繁に行われるようになる。

 

このタイミングであれば、メグミの隣に座っても目立たない。

 

 

俺はビールを片手にさりげなく彼女の隣に移動し、
「お疲れ様」とグラスをぶつけ合った。

 

「どう?飲み会は楽しめてる?」

 

「はい、いろんな人と仲良くなれて良かったです。誘ってくれてありがとうございました」

 

メグミは笑顔でそう答えてくれた。

 

「今日はどのくらい飲んだの?」

 

「ビール3杯にハイボールを2杯です」

 

「おお、結構飲んだんだね。笑」

 

彼女はかなり酔っているようで、頬は赤く染まり、
瞳が潤んでいつもよりセクシーに見えた。

 

 

俺はこれまで「メグミを落とすのはいつでも良いかな」
と考えていたのだが、これを機に思い直すことにした。

 

彼女の色っぽい姿を見た瞬間、
「もう少し本腰を入れてみるか」と心の中で決意したのだ。

 

 

そんなとき、近くにいた同僚が横やりを入れてきた。

 

「メグミちゃん気をつけたほうがいいよ。コイツ手が早いから。笑」

 

「余計なお世話だよ。笑」

 

 

変なちゃちゃが入ったものの、さり気なくかわしつつその話題を終える。

 

横目でメグミを見ると、そのやり取りを楽しんでいるようだった。

 

彼女が楽しんでくれているのならそれが一番だが、
周囲の人に勘ぐられると今後動きにくくなってしまう。

 

それを避けるために、俺はメグミとの会話を適度に切り上げ、
元の席へと落ち着いた。

 

 

セフレ作りのポイント

 

俺は女の子に目で合図する「アイコンタクト」を飲み会中によく使う。

 

それは「酔い過ぎてない?」という心遣いであったり、
「この後2人で飲みなおそうよ」という誘いであったりと、
その意味はケースバイケースである。

 

とくに狙っていない女の子に対してアイコンタクトを取ると、
「私に気があるのかな?」と勘違いされることがある。

 

しかし、それはそれでいい。

 

本命の女の子を落とせなかったときの「保険」として、
同時進行で好感度を高めていこう。

 

 

5.二次会へ

セフレ募集サイト

4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。