2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談

2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ体験談

 

メグミと知り合うまで

 

俺の会社には喫煙所があった。

 

近年は禁煙化が進み、喫煙者たちは急速に居場所を失っていく。

 

そんな人たちが飲み物を片手に集まり、
ほんの一瞬の息抜きを楽しむ場所である。

 

 

ただし、喫煙所と言っても、
きちんと個室が用意されているわけではない。

 

ビルの非常階段に、バケツが置いてあるだけの簡素なスペースだ。

 

 

雨の日は吹きすさぶ水滴に濡れながら、
風の日はライターを手で必死に隠してカチカチ火をつける。

 

メグミとは仕事上の接点はほとんどなかったが、
この喫煙所では何度も顔を合わせることができた。

 

 

とは言え、もちろん偶然会ったのではない。

 

メグミの姿を見つけたら目で追い、
彼女が休憩に入るタイミングで、
俺も理由を作って休憩していたのだ。

 

 

その喫煙所では特に関係がない人でも、
軽く会釈をしながら「お疲れ様です」と声をかけることが、
暗黙のルールとなっていた。

 

俺の場合はメグミと会ったとき、
必ず「お疲れ様」の後に一言を付け加えていた。

 

「今日は良い天気だね」

 

「いつも頑張ってるね」

 

などの、本当にちょっとした言葉だけだ。

 

 

そこには、勇気や緊張という言葉は存在しない。

 

あくまで同性の友人に話しかけるように、
自然体で「誰にでも言っている」という雰囲気で言えばいいのだ。

 

これは社会人として当然の振る舞いであり、
そこに嫌らしさは微塵も感じられない。

 

 

俺が最初にメグミに声をかけたとき、
彼女は一瞬戸惑ったような表情を見せた。

 

しかし、すぐに「お疲れ様です」と笑顔で返してくれた。

 

 

セフレにするためには、まずは『知り合い』になることが最低限の条件である。

 

最初の段階では無理に話を続けず、必死に仲良くなる必要もない。

 

「ターゲットの女の子とコミュニケーションを取った」

 

この一事がとても重要なのだ。

 

 

「私を見かけたら、気さくに話しかけてくれる人」

 

と認識してくれるようになったら、その後の展開も期待できる。

 

 

俺が初めて声をかけてから数日が経ち、
喫煙所で何度も顔を合わせていると、
そのうち簡単な会話ができるようになってきた。

 

このタイミングで、俺は少しずつ話を広げていった。

 

「お昼ご飯ってどうしてるの?」

 

「ここの職場にはもう慣れた?」

 

「同僚との関係はどう?」

 

「ここに来る前は何をしてたの?」

 

メグミが緊張したり、返答に困らないように気をつけながら、
少しずつ彼女の心に踏み込んでいった。

 

あくまで自然に、そして簡潔に・・・だ。

 

 

その努力の甲斐もあってか、
メグミは次第に笑顔を見せてくれるようになった。

 

彼女は黙っていると少し冷たい印象があったが、
たまに見せる笑顔がグッとくる可愛い女の子だった。

 

俺はこの段階では、まだ彼女をセフレにしようとは考えていなかった。

 

確かに「セフレにしたい」とは思っていたが、女友達くらいの感覚で見ていた。

 

逆に言えば、その程度に位置付けていたからこそ、
気軽に話しかけることができたのだ。

 

 

もちろん、これは俺だけではなく、どんな男性にでもできることである。

 

俺がしたことは、彼女の休憩に合わせて声をかけ、
すれ違ったら挨拶を交わし、慣れてきたら会話を広げていく。

 

たったこれだけのことだ。

 

だがこれだけで、社内にいる他の男性たちを出し抜くことができる。

 

モテる男は、行動がバツグンに早いのだ。

 

 

セフレ作りのポイント

 

「人間関係は一歩ずつ前進していく」

 

これは女の子をセフレにする上で、もっとも基本的な考え方だ。

 

まったく話したことのない関係から顔見知りになるためには、
何気ない挨拶に一言を付け加えてみよう。

 

 

通常の男性であれば、好きになってからアクションを起こそうとする。

 

その結果、

 

「好きでたまらない」

 

「セフレにしたい」

 

という気持ちが強くなり焦ってしまう。

 

 

そのためにガツガツしてしまったり、
引くべき時に引かなかったりなどの失敗を繰り返すのだ。

 

焦っていると冷静になることができず、感覚が鈍ってしまう。

 

 

その反面、モテる男たちは好きになる前から素早く行動を起こす。

 

この小さな積み重ねが、後々に大きな差となって現れるのだ。

 

 

恋愛はテストのようなもの。

 

面倒くさがって勉強しまいが、高得点を取るために
必死に勉強しようが、どちらでも構わない。

 

しかし、それまでの努力は後々に点数となって返ってくる。

 

セフレを作るためには、女の子の心の中で
「高得点」を取らなければならないのだ。

 

 

3.ついに、メグミのメルアドをゲット!

セフレ募集サイト

2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が勤める会社にアルバイトとして働き出したメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。そんな彼女を、ついに2人きりの飲みに誘うことに成功した。俺(管理人)の体験談を元に、気になる女の子を上手く飲みに誘う方法をご紹介しよう。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。