7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談

7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談

 

飲みに誘う

 

以前の飲み会からしばらく経った日のこと。

 

俺はメグミを飲みに誘おうと決めたものの、
どう誘えばいいか悩んでいた。

 

最近では喫煙所で見かけたとき、
その場で誘ってしまうことも考えた。

 

 

だが彼女にとっての俺は、
あくまで「仕事関係の男友達」であることが現状だ。

 

そのため、メグミを突然飲みに誘っても、
戸惑わせてしまうかもしれない。

 

また、喫煙所のような公の場所では、
他人の視線も気になるところだ。

 

色々と思案した結果、
俺は「飲みに行く理由を与える」だけにとどめ、
その後にメールで誘うことにした。

 

その作戦は、以下の3ステップである。

 

『喫煙所で飲みに行く理由を与える ⇒ その理由をネタにメールをする ⇒ そのまま飲みに誘う』

 

 

昼食をとった後、いつもの喫煙所に向かった。

 

するとタイミング良く、メグミが1人でタバコを吸っていた。

 

ここぞとばかりに、俺はすかさず声をかけた。

 

「お疲れ様!前の飲み会はどうだった?」

 

俺の姿を見たメグミは、笑顔で答えてくれた。

 

「お疲れ様です。凄く楽しかったですよ。また誘ってほしいです」

 

とりあえず飲み会の話題から入り込み、
「飲みに誘う理由を与える」ことにした。

 

そのためにも、俺は彼女の以前の職場について話を振った。

 

「そう言えば、前の職場は忙しかった?」

 

「そんなことはないですよ。こっちのほうが忙しいですね」

 

「具体的にはどんなことをしてたの?」

 

「主に事務ですね。毎日同じことの繰り返しで、疲労よりも飽きとの闘いでしたね。笑」

 

「なるほどね。ここはそんなことない?」

 

「そうですね。職場の人も良い人ばかりですし、楽しく仕事できています」

 

「それなら良かった。たとえバイトでも、次に繋がるような経験ができればいいね」

 

「そう言って下さると嬉しいです。次の職場を早く探さなきゃなんですけどね。笑」

 

これまでの地道な努力のおかげで、会話はトントン拍子で弾んでいく。

 

しかし、俺はあえてそこで話を打ち切った。

 

「あーそろそろ時間だ。また今度話聞かせてよ」

 

「はーい。お疲れ様です」

 

 

人間は誰しも、自分の興味があることならば、饒舌に話してくれる。

 

メグミの以前の職場は、人生設計をする岐路でもあっただろうし、
話したいこともたくさんあるはずだ。

 

しかし、休憩時間は10分と短く、とても全てを話しきれる余裕はない。

 

当然のように時間が足りなくなり、消化不良になってしまう。

 

まさにそこが、今回の狙いである。

 

 

話し足りなかったことを、後日2人きりの飲みの場で消化しようというワケだ。

 

メグミは身を乗り出して話していたので、
「もっと話したい」というような態度を見せていた。

 

消化不良のような表情もしていたが、
それはすぐに笑顔へと変わり、俺を見送ってくれた。

 

 

予定通り「理由を与える」ことができたので、
俺はその夜に彼女にメールを送った。

 

「お疲れ様!休憩所での会話が中途半端に終わっちゃったね。
俺としてはもう少し話したかったから残念だったよ。

 

もし良かったら、今週末の仕事帰りにご飯食べて帰らない?
メグミちゃんの前の職場のこととか、色々聞きたいこともあるからさ」

 

メールはすぐに返ってきた。

 

「お疲れ様です。ぜひご飯食べましょう。
私も話し足りなかったので、また話したいです。
今週末の仕事終わりが楽しみです。笑」

 

 

狙い通り、2人きりの飲みに誘い出すことができたのだ。

 

どんな理由であれ、食事に誘われたら返事をウヤムヤにする女の子は多い。

 

しかし、メグミにはそんな素振りが微塵も感じられなかった。

 

このあたりのノリの良さも、俺の目にはより魅力的に映っていた。

 

 

セフレ作りのポイント

 

俺が送ったメールの文面には、実はちょっとしたテクニックを使っている。

 

「飲みに行く」のではなく、「ご飯を食べに行く」と表現した部分だ。

 

「飲みに行こう」と言うと、いかにもデートの誘いのように感じられてしまう。

 

その反面、「ご飯を食べよう」と誘うと、
なぜかデートに感じられないから不思議である。

 

 

なぜ言い換えたかというと、メグミには彼氏がいると予想していたからだ。

 

端から見ればごく小さな違いだが、デート感を隠すことで
「男性と2人きりで会う」というハードルを引き下げてくれる。

 

結果的に彼女の心の中で、彼氏に対しての言い訳ができるようにしたのだ。

 

 

同じように、「ご飯食べて帰らない?」の「帰らない?」という箇所もポイントだ。

 

この部分には、「ダラダラ飲んで遅くなったりしない」というニュアンスが含まれている。

 

そのため、「デートの雰囲気ではない」ということを、より一層演出してくれるのだ。

 

 

8.デートを成功させるための下準備

セフレ募集サイト

7.メグミを飲みに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談関連ページ

1.メグミとの出会い|管理人のセフレ・セックス体験談
後にセフレ関係へと発展する、柴咲コウ似の細身Fカップ美女『メグミ』と、初めて職場で出会った時の体験談。
2.メグミと知り合うまで|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の働いている会社にアルバイトとして働きだしたメグミ。細身で激カワ、柴咲コウ似のFカップ美女・・・。正直、一目見ただけでセックスしたいと思った。そんなメグミとある時、俺は接点を持つこととなる。
3.ついに、メグミのメルアドをゲット!|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。今までは、社内で挨拶程度の会話しかしなかったが、ついにメグミのアドレスをゲットすることに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説しよう。
4.飲み会にて|管理人のセフレ・セックス体験談
俺が気になっていた柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。会社の飲み会で、彼女と急接近することに成功した。その時のリアル体験談を元に、セフレ作りのポイントを解説する。
5.二次会へ|管理人のセフレ・セックス体験談
飲み会や合コンなどでは、一緒に飲んだ女の子にアフターケアをしてあげるだけで、セックスできる可能性が飛躍的に高まる。管理人の実体験を元に、正しいアフターケアの仕方を伝授する。
6.今後の作戦を練る|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』。彼氏持ちの可能性が高い彼女をセフレにするために試行錯誤した結果、俺は「2人っきりで飲みに誘う」ことに決めた。
8.デートを成功させるための下準備|管理人のセフレ・セックス体験談
デートが成功するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っていい。ご飯を食べるお店、会話のネタ、さらにはラブホテルの場所まで把握しておけば、好みの女の子を射止めてセックスできる可能性は高くなる。ここでは管理人の実体験を元に、デートの下準備の仕方を解説している。
9.待ちに待ったデート当日|管理人のセフレ・セックス体験談
待ちに待ったメグミとのデート。メグミをセフレにするために俺は全力を尽くした。その時の体験談を記載。
10.メグミを2度目のデートに誘う|管理人のセフレ・セックス体験談
柴咲コウ似のFカップ美女『メグミ』をセフレにするために、俺は彼女を2度目のデートに誘った。前回のデートは『回転ずし』、そして今回選んだ場所は『図書館』。これには明確な意図があった。その時のリアル体験談をご紹介しよう。
11.2度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
メグミとの待ちに待った二度目のデート。図書館デートの後は俺が行きつけの居酒屋へ。そこで、徐々にエロトークに持っていき、メグミをホテルへと誘おうとするが・・・
12.3度目のデート|管理人のセフレ・セックス体験談
前回のメグミとのデートでは、セックスまであと一歩のところまでいったものの、惜しくも断られてしまった。しかし、俺は彼女とセックスするまで諦めない。彼女を3度目の飲みに誘うことにした。
13.メグミと念願のセックス|管理人のセフレ・セックス体験談
俺の職場にアルバイトとして配属してきたメグミ。柴咲コウ似の誰もが羨むFカップ美女だ。彼氏持ちであったが、俺の目的は「セフレにすること」なのでお構いなし。とにかくメグミをセフレにするために奮闘し続けた。そしてついに、3度目のデートにしてラブホテルに連れ込むことに成功、念願のセックスも果たした。